食育インストラクターの難易度は?試験があるけど大丈夫

食育インストラクターの難易度は?試験があるけど大丈夫

食育インストラクターの難易度は?試験があるけど大丈夫

 

食育インストラクターになるには、特定非営利活動法人 NPO日本食育インストラクター協会認定の通信講座「食育インストラクター認定講座」を受講し、修了する必要があります。
最終課題は修了認定試験(筆記試験)となっていて、70点以上が合格基準となっています。

 

食育インストラクターは無試験で取得できる資格ではありません。

 

食育インストラクターの修了認定試験は簡単ではないが

修了認定試験は初心者にとっては簡単なものではありません。
食育について専門的な知識も問われます。
何も準備していなければちんぶんかんぷん、わからないことばかりになってしまうでしょう。

 

しかし、食育インストラクター認定講座で学習したことから出題されるのですから、受講生なら大丈夫です。
むしろ試験を受けることで記憶が呼び起こされて、学習効果を高めてくれるでしょう。

 

また、わざわざ試験会場に出かけて受験するわけではありません。
自宅で、自分のペースで解答することができますし、お忙しい方であれば、何日かに分けて解答することもできます。
誰が見ているわけでもありませんから、テキストやノートを見ることもできます。

 

さらに、試験の合格基準は70点以上となっています。
低い合格基準ではありませんが、逆に言えば満点を取る必要はないということです。
3割近くまでは間違ってもいいのですから、気楽に受験できるのではないでしょうか。

 

修了認定試験自体の難易度は低くありませんが、食育インストラクター認定講座で学んだ方であれば十分合格できるものです。
それに、1度だけですが、修了認定試験を無料で再受験できます。
チャンスがあると思えばずいぶん気が楽になると思います。

 

⇒【無料】食育インストラクターがよくわかる資料の請求はこちらから

受講期間延長が難易度を下げてくれる

それと、難易度を下げるのに効果的なのが受講期間の延長制度です。
目安となる学習期間は3〜6ヵ月となっていますが、何らかの事情で期間内に修了できなかったとしても、その後6ヵ月間、無料で受講期間を延長することができます。

 

もちろん、学習期間内に修了できれば問題ありません。
ただ、家事や仕事のせいで学習を中断せざるを得ないこともないとは言い切れません。
そうした場合でも、6カ月も期間を延長できるのですから、学習を再開してから修了することもできるでしょう。

 

受講期間を延長できるので、難易度はさらに低くなっています。

 

以上から、食育インストラクターになることは簡単ではありませんが、難易度は高くはないといえるでしょう。
あとは学習をはじめるだけです。

 

食育インストラクター認定講座

目安となる学習期間 3〜6ヶ月(早い方なら約3ヵ月で資格取得が可能)
受講金額 39,900円(税込・送料込)
12回の分割払いだと月々3,500円(初回のみ4,033円)、1日当たり110円ほどで資格を取得することができます。
しかも受講料は教材が届いてからの後払いです。
教材到着後でも返品OK
教材到着後8日以内であれば、キャンセルすることができます。

 

⇒【無料】食育インストラクターがよくわかる資料の請求はこちらから

 

食育インストラクターになるには、「食育インストラクター認定講座」を受講し、修了認定試験で70点以上をとる必要があります。食育インストラクター認定講座で学んだ方であれば合格できる内容ですし、受講期間の延長もできますから、難易度はそれほど高くはありません。