食育インストラクターとは?資格の口コミと認定講座と独学

食育インストラクターとは?資格の口コミと認定講座と独学

「食育インストラクター」は食育の基礎知識を学び、問題意識を持ち日々の生活に活かすことを目指す食育の基礎となる資格です。
「食育インストラクター」の資格は、「NPO法人食育インストラクター協会」が指定する食育インストラクター認定講座を修了することで取得できます。
この認定講座に受講資格はありませんので、どなたでも受講できます。

 

⇒【無料】食育インストラクターがよくわかる資料の請求はこちらから


安心安全な食材選びや食事のマナーなど、暮らしや子どものしつけにも役立つ食育を実践し、食や健康、さらには教育に役立つ知識が学べるのが食育インストラクターです。

 

食育インストラクターは「食の大切さ」を学ぶ

食育インストラクターで学ぶのは「食の大切さ」です。
もちろん食材の選び方や食事のマナーといった個別の知識も学べます。
毎日の買い物でも役立つ安全な食材の見分け方や上手な保存方法、子どもを健やかに育てる食習慣やマナーなど、すぐに役立つ食の知識学べます。

 

 

しかしそれ以上に大事なのはどのように食に向き合うのか、「食の大切さ」を一人ひとりが見直すことです。
どれだけ豊富な知識があっても食をないがしろにする意識があると、実際に役立てることはできないでしょう。
食材を大切にせず、いい加減な食習慣やマナーしか実践していなければ、それを見た子どもたちに「食育」を伝えることはできません。
ご自身やご家族のために、本当の食育が必要なのです。

 

食育インストラクターになるには

食育インストラクターの資格は、特定非営利活動法人 NPO日本食育インストラクター協会が認定した通信講座(食育インストラクター認定講座)を修了し、試験に合格すれば取得することができます。

 

逆にいうと、この通信講座を修了しなければ食育インストラクターにはなれません。
通信講座を使わずに独力で勉強するという意味での独学では食育インストラクターにはなれません。

 

食育インストラクターの修了認定試験は簡単ではないが

修了認定試験はまったくの初心者にとっては簡単なものではありません。
専門的な知識も問われますから、準備なしでは合格は難しいでしょう。

 

しかし、食育インストラクター認定講座で学習したことから出題されるのですから、受講生なら大丈夫です。
むしろ試験を受けることで記憶が呼び起こされて、学習効果を高めてくれるでしょう。
また、自宅で、自分のペースで解答することができますし、何日かに分けて解答することもできます。
テキストやノートを見ることもできます。
さらに、試験の合格基準は70点以上となっていて、満点を取る必要はないので、気楽に受験できます。

 

食育インストラクターの修了試験は「落とす試験」ではなく、学んだ内容を覚えているか「試す試験」です。
簡単だとはいいませんが、勉強すれば大丈夫な試験だといえるでしょう。

 

⇒【無料】食育インストラクターがよくわかる資料の請求はこちらから